マザリーズ助産院

調布市深大寺「知り合いのおうちに泊まりに来た」様な家庭的感覚の助産院。嘱託病院:調布病院・最寄り周産期センター:杏林大学病院。妊娠中から産後までマンツーマン。母乳ケア・相談・産褥入院も。

TEL.042-484-3757(24H対応)

東京都調布市深大寺北町4-13-51

母と子と助産師のおしゃべりサロン 11月のテーマ

母と子と助産師のおしゃべりサロン 11月のテーマ

【理学療法士による、いちから学ぶ!機能解剖学のきほんの「き」】

メディアでは運動や健康に関する情報がたくさんあふれていますが、ご自分やお子さんの身体の仕組みについて、正しく理解していますか?
普段から身体をよく動かしている方でも、身体の仕組みや構造について学ぶ機会は意外と少なく、なんとなく「わかったつもり」になっていることが多いようです。…
「この筋肉の名前は?はたらきは?」「この動きはどの関節が動いているの?」など、身体に関するいろいろな疑問を解決するためには、機能解剖学の基本的な知識が必要です。
当講座では機能解剖学・運動学の専門家である理学療法士が、身体の構造と運動の仕組みの基本をわかりやすくお伝えします。

【主な内容(予定)】
・骨の名前っていくつ知っていますか?
・主な筋肉を実際に触ってみよう!
・運動に関する解剖学用語とは
・運動方向の表し方
・筋肉の収縮形態の違い
・大きな関節の特徴(肩関節、股関節、膝関節)・筋肉のはたらきと姿勢の関係
・妊娠、出産により筋肉にはどんな影響があるの?
【特にこんな方におすすめ!】
・身体の動きや筋肉のはたらきに興味がある産前、産後の女性
・育児支援者、ボディワーカー、保育士など運動に関わる仕事をしているが、身体の機能や解剖についてあまり知識がないので学んでみたい、という方。   ・助産師、看護師、介護福祉士など医療・介護従事者で解剖学の基礎知識を復習したい、という方
※お子様連れの参加も可能です。

【日時】11月1日(金)13時受付開始
13:30〜16:00 講義、実技、お茶会
【場所】調布市文化会館たづくり 10階百日紅・百日紅
【費用】3500円 (資料、お茶菓子付き)
※ご夫婦で参加の場合、大人1名につき料金が発生しますのでご了承ください。

講師 :奥山 和人
理学療法士(心臓リハビリテーション指導士、脳卒中認定理学療法士)、パーソナルトレーナー、医療ライター。都内の総合病院で理学療法士として9年間勤務し、子どもから高齢者まで幅広い年齢層、疾患のリハビリテーションを2000例以上経験。身体の使い方、動かし方だけでなく、呼吸器・循環器の専門的知識を活かした総合的な運動指導、生活指導に定評あり。リハビリを通して得た専門的知識・技術を子育てママ・パパにわかりやすく発信していくことが現在の目標です。
ご予約はこちらからお願いします。「ゲゲゲの町の助産師会 予約システム RESERVA 」
https://reserva.be/gegegemw/reserve…

 

 

« »